Handy Moon


現在クローズドβとして開発中です。
動作確認などをして戴ける方を募集しています。
handy_moon_2010

[2010/08/16更新]NewVersion!

FlashLite 2.0対応端末向けの新バージョンを公開致します。
DoCoMo FOMA905以降の端末でお使い戴けますが、新型番モデル(xx-01A以上)での使用をお勧め致します。

縦タイプ
画面サイズ:240×427pix

横タイプ
画面サイズ:427×240pix

ファイルサイズ:58.8KBytes
フレームレート:12fps

画面上下には端末状態表示やiチャネルテロップなどのために余白を設けています。

お使いの端末によってレイアウトの変更をご希望の場合は、動作確認レビューと共に端末用のレイアウト希望をお寄せ下さい。


※新バージョンのダウンロードアドレスは、Handy_Moonご登録の方に直接メールにてお知らせ致します。

今後はBLOG MOONやAndroid携帯用アプリへの移植を行いますので、ご期待下さい。


携帯用のFlash待受 Handy Moon はご希望の方にメールにて専用ページへのアクセスパスワードをお送りしております。
Handy Moon試用希望と明記の上メールにてお申し込み下さい。

表示されたFlash待受は通常の画像と同じように端末内に保存してお使い戴けます。

Handy Moonは試作品のため各端末ごとに評価などをお寄せ戴くことがご利用の条件となりますので宜しくお願い致します。


Handy Moonについてのご意見・ご要望はメールまたはBlogSystemluna
にて 受け付けていますので、お気軽にお寄せ下さい。

2010 [2010/08/01 更新] 鋭意製作中

FlashLite 2.0端末の普及に伴い新バージョンの開発を行っています。
これまでと同等の機能は実現していますが、更にあらたなNextPhase表示機能などを付け加えています。

OpenSNSで2010年7月末に公開予定としていましたが、もう暫くお時間を戴き最終調整を行って参ります。

画像はこれまでと同等の機能で動作させている処理速度確認版の評価画面です。

実際にリリースされるものとは、機能的にも画面構成なども異なりますので、あらかじめご了承下さい。

※本バージョンリリース後にAndroid端末用アプリのリリースを予定しています。
v2 [2007/12/27更新]NewVersion!


シンプルな待受としての美しさを追求してみました。
以前のバージョンも平行して開発を続けて行きます。
905i用のヨコスタイル設定用待受Flashを追加しました。

縦タイプ2種
画面サイズ:240×427pix
画面サイズ:240×320pix

横タイプ
画面サイズ:427×240pix
携帯でいつでも月の状態が見られます
Flashlite1.1に対応の携帯ならキャリヤを選ばず利用できます
   
現在の機能と表示について

[2006/10/05更新]NewVersion!

●表示項目の追加

カラーバリエーションの作成。
ブルー系・グリーン系・レッド系の3種。

星座名表示に星座記号を追加しました。
星占いでなじみのマークを表示します。

ファイルサイズ:87.73KBytes
フレームレート:12fps

画面サイズ:240×240pix


デザイン的にもかなり仕上がってきました。
キャリヤや機種ごとの動作確認を続けています。
現在確認済みの端末は以下の通りです。

DoCoMo:P901i , P702i , N902iX , P902iS , N902i , N902iS , N702iD
AU:W41CA , W32S

[2006/10/01更新]

●表示項目の変更

デザイン変更と機能強化を行いました。

これまで月相の表示は輝面比5%ごとの切り替え式でしたが、完全なリアル描画を達成しました。

南中時の月高度を示すバーと月距離による視直径変化を示すバーを追加しました。

ALT.:南中時の月の高度を示します。黄色のバーが上に伸びるほど月は南中高度が高く昇ることを表します。

Dist.:月距離による視直径変化を示します。ブルーのバーが下に伸びるほど月の視直径が大きく見える事を表します。

※新バージョンのダウンロードアドレスは、Handy_Moonご登録の方に直接メールにてお知らせ致します。
色違いのバージョンなど準備が整い次第お知らせメールをお送りします。


[2006/09/25更新]

●表示項目の変更

月と太陽のポインタの回転方向を変更しました。

反時計回りになるのを避けていましたが、月相を地球として見立て月の位置を知る場合に実際の天空上配置と等しくならないため、本来の回転方式に変更しました。

太陽ポインタは月相を時計として見た場合、12時の位置で春分点、3時で夏至、6時で秋分、9時で冬至となります。
月ポインタが9時の位置に来る時はどのような位相でも南中時の高度が最も高くなり、3時の時は最も低くなります。

月ポインタの位置で太陽との離角だけでなく、その日の月がどの程度の高度で昇るかも知ることが出来ます。




[2006/09/23更新]

●表示項目
年月日時分秒
月の位相(太陽離角)
輝面比(満月時が100で新月時が0)
月の居る星座名

月と太陽のポインタを追加しました。
月と太陽の日心黄経に応じて月相の周りを太陽と月のポインタが移動し
て 行きます。

月相を地球として見立てれば、月の位置を知ることも出来ます。


Handy Moonについてのご意見・ご要望はメールまたはBlogSystemluna
にて 受け付けていますので、お気軽にお寄せ下さい。
   
多くの皆さんの想いで作り上げる素敵なスクリプトになりますよう頑張って参り ます。
今後とも宜しくお願い致します。




このサイトについて | 利用規約 | プライバシーポリシー | 問い合わせ先 | 不具合・要望

Copyright (C) 2005-2009. moonsystem All Rights Reserved.